賃貸マンションや賃貸アパートを借りて快適な生活を

メニュー

理想を考える

レディ

賃貸に住むメリットとは

賃貸住宅に住む子供がいる家庭で迷うのは、子供が大きくなったら今のまま賃貸住宅に住むか、マンションや一戸建てを購入するかという点です。家やマンションを買うと言っても頭金が必要ですし、長い間ローンを払わなければならなくなるため、賃貸のほうが良いと判断する人もいます。また、転勤族の場合は家やマンションを購入すると、単身赴任を余儀なくされることもあるため、賃貸に住み続ける人もいます。ではそこまで心積もりがある場合に、どんなメリットがあるかを知っておく必要があります。まず、賃貸の良いところはローンを組んで家を買う場合に比べて金利を払わなくていいという点です。金利はその借り方やその時代、その期間によっていろいろですが、3000万円の家を30年ローンで買った場合は1000万円近くは払わなければいけないというのが相場になります。

昔の住宅事情はどうだったのか

賃貸は最近できた制度ではなく、随分昔からあったようです。歴史をさかのぼってみると、有名なのが江戸時代の長屋です。長屋と言えば江戸の中心部に多くありました。この長屋は今で言うアパートで大家さんに毎月お金を払って住まわせてもらうというものでした。家賃はと言えば、今と比べてもずいぶん安く、現代の価値にしておよそ7000円から8000円程度だったと言われています。職を持っている多くの家庭では家賃はその月の収入の10分の1以下で済みますので随分負担が小さかったのです。ただし、江戸時代には現代ではあまり考えられないところにお金がかかります。それは薪です。当然ながら江戸時代にはエアコンなどはなく、暖をとるにしても薪を燃やすしかありませんでした。これがずいぶん生活を圧迫していたようです。

オススメ記事

女性

費用を把握する

賃貸マンションは、初期費用がかかってくるため事前にどのくらいの費用が必要になるか確認をとる必要があります。また、初期費用だけではなく生活に必要な費用も確認しておくことが大事となります。

詳しく見る

マンション

賃貸マンションの利用

賃貸マンションを利用する場合、メリットだけではなくデメリットも把握しておくことが大切です。初期費用を抑えることが出来ますが購入とは異なるため気をつけなくてはなりません。

詳しく見る

男性

賃貸生活をする

賃貸マンションを探す時には、そこで送る生活のことも念頭に置いておく必要があります。それを整理して初めて、それに合うマンションを探し始めることが出来るようになるのです。

詳しく見る